出版情報「野菜売り場の歩き方」おかげさまで25,000部突破!ありがとうございます。気になる方はこのバーをクリックしてチェック!

【酸っぱい?】甘夏が苦くてまずいときの対処方法を八百屋が教えます

甘夏が酸っぱい

「甘夏を買ってみたけど酸っぱくてハッキリ言ってまずい」こんな経験ありませんか?甘夏は名前に「甘」と書かれている割に、酸味や苦味が強めな柑橘です。当たり外れもあり余計に「酸っぱいもの」や「苦いもの」にあたることもあります。

そこで今回は「酸っぱい甘夏に当たった時の対処方法」と「酸っぱい甘夏を選ばないための見分け方」を紹介していきます。

青髪のテツ

八百屋10年目の青髪のテツです。野菜の本を出版してます。

目次

甘夏が酸っぱい、苦いと感じたときの対処法

甘夏

甘夏を食べて酸っぱいとか苦いと感じたときは、以下4つの方法がおすすめです。

  • 砂糖をかける
  • 練乳をかける
  • バニラアイスと一緒に食べる
  • サラダの具にする

甘夏が酸っぱいときは砂糖をかける

甘夏が酸っぱいときは砂糖をかける

甘夏が酸っぱいと感じたときは、砂糖をかけてみましょう。

昔グレープフルーツに砂糖をかけて食べていた、という方も多いと思いますが、それの甘夏バージョンです。

砂糖をかけることで甘夏の酸っぱさは感じにくくなると思います。

甘夏が酸っぱいときは練乳をかける

甘夏が酸っぱいと感じたときは、練乳をかけるのもおすすめです。

いちごのお供といえば、練乳のイメージがあると思いますが、果物選びに失敗したときように練乳を常備しておくと便利です。

甘夏だけでなく、他の柑橘や、キウイ、すももなど、酸っぱいなと感じたときは練乳をかけて食べるとかなり食べやすくなりますよ。

甘夏が酸っぱいときはバニラアイスと一緒に食べる

甘夏のバニラアイス

甘夏が酸っぱいときは、個人的にバニラアイスと一緒に食べるのが一押しです。

バニラアイスの甘味とコク、甘夏の酸味と苦味からなる爽やかさが合わさりおしゃれな味に変身します。

僕は普段バニラアイスを1カップ食べ切るのがちょっときついんですが、これだとぺろっと食べられました。

ぜひ試してみてくださいね。

甘夏が酸っぱいときはサラダの具にする

甘夏が酸っぱくて食べられないときは、果物として食べるのではなく、サラダに入れるのもおすすめです。

サラダは水分量でおいしさが決まると料理人の方教えていただいたことがあります。その方は水分量のバランスをとるためにサラダに果物を入れることも多いそうです。

甘夏はその点サラダにピッタリな果物で、甘過ぎずみずみずしいので、サラダに入れても違和感がありません。

たくさんの野菜と一緒にドレッシングをかけて食べると、かなり食べやすくなりますよ。

酸っぱい甘夏を選ばないための見分け方

甘夏の選び方

酸味の少ない、おいしい甘夏の選び方のポイントを紹介します。

  • 皮にハリとツヤがある
  • 皮の色が濃い
  • ヘタが鮮やかな緑色
  • ずしっと重量感がある

これらのポイントを押さえて選べば、酸っぱい甘夏に当たる確率を下げることができます。

甘夏の選び方をさらに詳しく知りたい方は「甘夏についてまとめた記事」があるのでそちらを読んでみください。

おいしい甘夏を取り寄せ

甘夏の取り寄せ方

酸っぱくて苦くてまずい甘夏しか食べたことがないという方は、農家さんから直接良質な甘夏を購入してみるのもおすすめです。

ネットだと2〜6月であれば「食べチョク」で農家さんから直接購入が可能です。

スーパーだと収穫から数日経過している場合がありますが、農家さんから直接購入する甘夏は鮮度が良くおいしいので、騙されたと思って1度試して頂けると嬉しいです。

また、Amazonでも購入できるので、気になる方は「甘夏の販売ページ」を確認してみてください。

甘夏が酸っぱくて苦い!まずいときの対処方法まとめ

甘夏の重さ

今回は「甘夏が酸っぱいときの対処方法」と「酸っぱい甘夏を選ばないための見分け方」を紹介しました。

今回の方法を参考にしていただき、旬の甘夏をたくさん食べていただけたら嬉しく思います。

個人的にこの時期おすすめの柑橘は「せとか」と「にじゅうまる」という品種です。

他にも様々な柑橘について記事にしているので、気になる方は読んでいってくださいね。

 

\ 青髪のテツの本 Amazonや書店で発売中 /

青髪のテツ書籍紹介

 

らでぃっしゅぼーやの野菜お試しセット

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、tetsublog運営者のてつやです。
●八百屋歴10年目
●Twitterフォロワー500,000人突破

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次