当サイトのブログテーマが気になる方はここをクリック

【きつい?】スーパーのパートはどんな仕事をするのか

スーパーのパートはきつい
悩むうさぎ

スーパーでパートの仕事をしようか迷ってる。
きつい仕事かな?

今回はそんな方に向けて、スーパーで正社員を10年目でマネージャーの私がスーパーでパートとして働くことの大変さについてお話していきます。

筆者のプロフィールは下記。

てつのプロフィール
Twitter:てつFollow me!

スーパーのパートはたしかにきついけど、会社やお店、部門によって大変さの種類やレベルが変わってきます。

ただ、ある程度共通する部分もあります。

スーパーマーケット業界は昔下のような過酷な職場環境から3Kと呼ばれていました。

  1. きつい
  2. 汚い
  3. 危険

最近はブラック企業、ブラックバイトという言葉があるように、労務環境への世間の関心が大きく昔よりも改善されていますが、まだきつい側面があります。

てつ

スーパーのパートは何がきついのか、
それに対してどうするべきかをお話していきます。

目次

スーパーのパートがキツい8つの理由

  1. 体がきつい
  2. 早起きがきつい
  3. 危険な仕事できつい
  4. 臭いがきつい
  5. パート同士の人間関係がきつい
  6. お客様のクレームがきつい
  7. 変形労働性がきつい
  8. しかも給料が低いからきつい
てつ

こう見るとスーパーのパートさんってめっちゃキツそうですね。
1つずつ紹介していきます。

体がきつい

スーパーは仕事がきつくハード。

スーパーの仕事内容がきつい理由

  • 立ち仕事
  • 荷物が重い
  • 1日数万歩歩く
  • スピードを求められる

スーパーは基本立ち仕事なので、デスクワークと比べるとそれだけでハード。

また荷物が重く、青果やドライ部門では1日100箱以上の荷物を下ろすこともあります。

てつ

この2部門の担当者は腰を痛めている人が多いんですよね。

またスーパーの売り場は広く、忙しい日は1日数万歩歩くこともあり、作業はとにかくスピードを求められるので必然的に仕事内容はきつくなります。

早起きがきつい

スーパーのパートは部門によっては早起きをしなければいけません。

スーパーでは立上げ時間が設定されています。

例えば午前9時が立上げ時間なら、9時までに売り場がしっかり埋まっている状態を作ってお客様の来店に備えなければいけません。

もちろん生鮮部門なら売り場の鮮度チェックやチラシ特売に合わせたPOP変更、売価変更も済ませておく必要があります。

立上げ後の9次以降の働き手の需要は少ないので、朝5時に起きて7時に出勤するパートさんも多く、朝が苦手な人にはスーパーはきつい仕事と言えます。

てつ

子供を保育園に送ってから8時から働きにくるパートさんなども多くおり、起きてから仕事が終わるまでハードそうです。

危険な仕事があってきつい

意外かもしれませんが、スーパーの仕事は危険な業務が多くあります。

悩むうさぎ

特に作業中心のパートさんはケガのリスクが大きそうだね・・。

下記はスーパーで起こるよくある労災の一覧です。

  • 切創
  • 骨折
  • 感電
  • 火傷
  • 腰痛
  • 腱鞘炎

上のような労災事故が起きやすい業務は下記。

部門作業内容労災の種類
青果南瓜カッター使用時切創
青果荷物運搬時腰痛
鮮魚刺身加工切創
鮮魚魚を触るトゲが刺さる
惣菜揚げ物加工火傷
精肉スライサー使用時切創
ドライ荷物運搬時(足を轢く骨折
スーパーのパートが危険できつい理由
てつ

私と同じスーパーの同僚と一緒に働くパートさんが南瓜カッターで指が2センチ飛びました。とても危険です。

臭いがつくのがきつい

鮮魚、精肉、惣菜は体に臭いがつきます。

特に鮮魚の生臭い匂いや、惣菜の油の臭いは気になる人や慣れない方にはきついはず。

これからスーパーで働こうかなと思っている方で、臭いが気になる方は青果、ドライ、レジから選ぶといいですよ。

パート同士の人間関係がきつい

スーパーのパートは女性が多く、女の世界が苦手な人にはきつい環境です。

とくにボスと呼ばれるようなベテランパートがいる職場は要注意。

私たち正社員にとっては、仕事ができて知識も豊富な頼れる存在なのですが、派閥を作って仲間はずれを作るボスや、古い方法に固執してやり方を変えない方がたまにいます。

正社員でもいじめに合うこともあります。

てつ

私も新入社員のときに攻撃されました。どこの職場でもありそうなことですが、女性の多いスーパーでは特に起こりやすいんですよね。

お客様のクレームがきつい

スーパーではお客様からきついクレームを頂くことがあり、パートも対応する必要があります。

私もたまに理不尽なクレームを受けることがあり、本部に通報されたこともあります。

こちらに非がある場合はいいのですが、理不尽なことで大きな声を出したり、罵声を浴びせてくる方もおられます。

てつ

お客様からのクレームを受けてバックヤードで泣いているパートさんを何度もみてきました。

変形労働性がきつい

スーパーのパートは土日休みにくいのがきついという方もおられます。

スーパーではたとえパートであっても採用面接時に「土日祝日、お盆や年末年始は出勤可能ですか?」と聞かれます。

このとき、「無理です」と答えると99%不採用になるんですよね。

実際働いてみると全く休めないわけではないのですが、面接のこともあり希望休はとりにくいのが現状。

固定の曜日に休みが入るわけではないので、予定も組みにくかったりします。

しかも給料が低いからきつい

スーパーの仕事は時給がその地域の最低賃金だったり、それに近い場合が多く割りに合わずきついと言われています。

スーパーのパートタイマーは上記7つの要因で、仕事内容がきつい。

てつ

それにも関わらず給料がとても低いんですよね。

ただ、最近では時給を改善している企業もあるので、最低賃金よりも高い時給のスーパーがあれば狙い目ですよ。

きついスーパーのパート業務に対してどうするべきか

スーパーのパートはきついという内容を書いていきましたが、スーパーに限らず楽な仕事はありません。

なにをするにしてもそうですが、大前提としてやりがいを見つけることが大切です。

てつ

業務が楽しいと思えたら仕事のキツさを軽減させることができますからね。

それでは上であげた「スーパーのパートがきつい理由8選」に対してどうするべきか、どう考えるべきか答えていきます。

体のキツさに対する改善方法

仕事に慣れてくるとキツさは半減します。

立ち仕事という点に関しては、1週間も働けば慣れます。

ハードな業務に対しては体の動かし方を覚えたり、効率のいい楽な仕事の仕方を工夫していくことができます。

例えば、品出しをするなら台車に積む順番をそれぞれの陳列されている場所までの距離に応じて変えることで、歩く距離を減らせます。

てつ

スーパーの仕事は工夫次第でいくらでも楽にできます。無駄を少しずつ削減していきましょう。

早起きがキツいに対する改善方法

早起きに関しても慣れます。

持病がある方や、早い時間に寝れない事情がある方を除いて、必ず慣れます。

私も大学の頃は深夜に寝て昼に起きる生活をしていたので、スーパーに就職したときは朝起きれるか心配でした。

しかし、半年も働けば10時〜19時まで働くのと、6時〜15時まで働くのどっちがいいかと聞かれると6時からを選びます。

仕事で丸1日潰れないのがいいんですよ。

てつ

私の同僚も朝働く方が好きという人が多いんですよ。

危険な仕事の改善方法

危険な仕事に対しては、マニュアルを守れば安全です。

私の会社では業務での労働災害の9割がマニュアルを守っていなかったことによって起きています。

例えば、青果のマニュアルに「南瓜カッターを使用する際は必ず保護手袋をつける」というルールがあります。

しかし、南瓜カッターでケガをする人は100%保護手袋をつけてないんですよね。

もし、マニュアルが不足していて改善がみられなかったり、上司の指示がケガのリスクを高めているようなスーパーは急いで退職しましょう。

正社員、パート、アルバイトに関わらず、従業員の安全を守れない会社にあなたの大切な時間を使う価値はありません。

臭いの改善方法

臭いがキツい原因は職場の清掃状況にあります。

◯◯店の鮮魚担当者は臭いけど、□□店の鮮魚担当者は臭くないってことがよくあります。

作業場の排水溝に腐った魚の端材が溜まっていたりすると腐敗臭で職場全体に臭いが充満します。

その担当者の体や服に臭いがつくんですよね。

下記のような適切な対策をすることで、臭いの原因は対処できますよ。

  • 毎日の清掃ルーチンを見直す
  • 清掃計画表を作って曜日別などで場所を決めて清掃する
  • 制服を毎日洗う

パート同士の人間関係の改善方法

対応が難しいパートさんがいるなら、上司に逐一報告しよう。

人間関係は当事者同士で改善させるのは難しいですよね。

「仕事だけしっかりしていればいいや」と割り切れる人はいいですが、気になってしまう人は上司に解決してもらいましょう。

相手が明らかに問題がある場合は注意してもらう、どうしても難しい場合はどちらかの時間や部門を変更してもらうなど対応は可能なはずです。

一人で抱え込まずに、上司に頼りましょう。

てつ

上司がうまく解決できない場合は、退職を考えてもOK。
あなたが活躍できる場所はそこだけではないはずです。

お客様のクレームの改善方法

クレームの数を減らす工夫をしましょう。

理不尽なクレームはどうしようもないので、あなたの立場がパートであればすぐに上司に対応を変わってもらいましょう。

こちらに非があるクレームは極限まで確率を減らすように、クレーム台帳を作って同じクレームを発生させないようにどうするべきか考えて実行していきましょう。

こうすることでクレームが減るだけでなく、お客様の信頼を得てお店の評価もあなたの評価も上がっていきます。

これこそWIN WINってやつですね。

変形労働性に対しての考え方

平日休みのメリットを考えてみよう。

私は5日働いて土日で休むより、スーパーのようにシフト制で平日休みの方が都合がいいんです。

そもそも5日も連続で働くのはきついし、休日出かける時も平日の方がお店が空いててストレスがないんですよね。

家庭の状況にもよりますが、平日休みにもメリットがあるのでそこに目を向けてみてはいかがでしょうか。

給料が低いことの改善方法

時給をあげればOK。

スーパーのパートはたしかに時給が低いんですが、時給をあげる基準が明確なので頑張れば給料が上がります。

スーパーの仕事は作業が中心です。特にパートさんは事務作業というよりは加工作業や品出し作業、レジ業務が主。

なので、できる仕事の数の多さが昇給基準になっている企業が多く、仕事をたくさん覚えることで給料が上がります。

1日1つ新しいことを覚えていけば、いつの間にか給料が上がっているはずです。がんばりましょ!

逆にいくら頑張っても給料が上がらないスーパーなら退職を考えましょう。

【きつい?】スーパーのパートはどんな仕事をするのか【まとめ】

スーパーの仕事はキツい面もありますが、やりがいのある仕事です。

スーパーは食を通じて地域に貢献できる職業だからです。

みんな食べなければ生きていけませんからね。

また、作業内容だったりやり方を工夫することで、いくらでも改善していけるのがスーパーの仕事の魅力。

効率のいい仕事を追求して、楽しながら仕事をこなせるようになるとどんどん楽しくなってきますよ。

それでもどうしても合わない、という方は転職を考えるのも手です。

働く場所は無限といってもいいほどたくさんありますが、あなたは1人しかいません。

自分のことを第一に考えて、やりがいを持って働ける場所を探すという選択肢もあります。

てつ

この記事が誰かの役に立てば幸いです。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、このtetsublog運営者のてつやです。
●副業ブログ歴2ヶ月目
●ブログ収益月4桁
●Twitterフォロワー数2,400人
●本業は食品スーパーの社員

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる