【八百屋が教える】おいしい里芋の選び方

里芋の選び方
悩むうさぎ

おいしくて鮮度の良い里芋が食べたい。でも選び方がわからない。

今回はこんな里芋の選び方について悩んでいる方の疑問に答えていきます。

里芋は煮物に入れるとおいしいですよね。

そんな里芋は、腸内環境を整える栄養素が豊富な野菜。

  • ガラクタン
  • グルコマンナン
  • カリウム
  • ムチン

里芋にはこれらの栄養素が多く含まれています。

里芋の栄養で特に注目したいのは非常に多く含まれるガラクタンという成分。ガラクタンは水溶性食物繊維の一種で、食べ過ぎ予防、糖質の吸収を緩やかにすることで血糖値の上昇も抑える効果が期待できます。

里芋はカリウムの豊富なので、便秘やむくみに悩む方は積極的に食べたい野菜ですね。

今回は八百屋で10年働く私がおいしくて鮮度の良い里芋の選び方を紹介していきます。

目次

おいしい里芋の選び方

里芋の選び方

おいしい里芋は5個のポイントで見分けよう。

  • 湿っている
  • ふっくら丸い
  • ずっしり重い
  • しっかり固い
  • 皮に傷やヒビ割れがない

おいしい里芋を選ぶなら、しっとり湿っているものを買いましょう。

皮が乾いてしまっているものは鮮度が落ちている証拠。

里芋を選ぶときは表面が湿っているものを選ぶ

ふっくら丸みがある方がおいしいので腰が張っていて丸みを帯びている里芋を選びましょう。

また私が仕事で里芋の鮮度チェックをするときは、重さと固さを見ます。

ずっしり重い里芋は水分が抜けておらずみずみずしく美味しいんです。水分が抜けて軽くなってしまっているものは鮮度劣化が進んでいるので避けましょう。

里芋は重いものを選ぶ

また柔らかくなっているものは腐っているので選ばないようにしましょう。

みなさんも里芋を選ぶときは湿り気、形、重さ、固さを確認して買いましょう。

【八百屋が教える】おいしい里芋の選び方【まとめ】

里芋の選び方まとめ

今回はおいしい里芋の選び方について解説しました。

どうせ買うならおいしい里芋を選びたいですよね。

当サイトtetsublogでは様々な野菜の選び方や保存方法などを紹介しています。

トップページをブックマークして買い物前に読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、このtetsublog運営者のてつやです。
●本業は八百屋
●Twitterフォロワー250,000人

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる