出版情報「野菜売り場の歩き方」おかげさまで25,000部突破!ありがとうございます。気になる方はこのバーをクリックしてチェック!

【ニラ】おいしいものの選び方や見分け方を八百屋が教えます

ニラの選び方

シャキシャキとした食感と、葉物野菜にしてはパンチのある味わいが特徴のニラ。餃子やモツ鍋ではほぼ必須とも言える地位を築いている野菜ですよね。そんなニラは鮮度劣化しやすい野菜なんです。せっかくなら鮮度がよく、ひときわ甘くておいしいニラを選びたいですよね。

そこで今回は「鮮度が良くおいしいニラの選び方や見分け方」を紹介していきます。

この記事を最後まで読んで、ニラをたくさん食べていただけると嬉しいです!

青髪のテツ

八百屋歴10年目の青髪のテツです。野菜の本を出版しています。

目次

ニラの選び方

おいしいニラは4個のポイントで見分けよう。

  • 葉の幅が広い
  • 葉先までピンとしている
  • 鮮やかな緑色
  • 根本の切り口がみずみずしい
  • 根本を持っても大きく曲がらないほどハリがある

葉の幅が広い一番ニラを狙う

ニラは葉の幅が広いモノを選ぶ

おいしいニラを選ぶなら、葉の幅が広いものを買いましょう。

茎の一番太い部分が1cmを超えると一番ニラの可能性が高くなります。

ニラは収穫された順番により、1番〜3番ニラと規格が違い、特に「一番ニラ」は別格のおいしさなんです。

なんと、一番ニラの糖度はイチゴを超える8度以上と言われています。

1cmと言われても・・・。という方は1円玉の半径が約1cmなので参考にしましょう。

ニラは1円玉と比較して選ぶ

葉先までピンとしていて全体的に鮮やかな緑色

また私が仕事でニラの鮮度チェックをするときは葉の色とハリ、葉先の状態をチェックします。

ニラに限らず葉物野菜は鮮度が落ちてくると葉先がしおれ、黄色く変色していきます。

葉先の状態をよく見て買うことで、毎回鮮度バツグンのニラを選ぶことができますよ。

根本の切り口がみずみずしい

ニラは切り口がみずみずしいものを選ぶ

また切り口がみずみずしいものは、収穫から時間が経っていない鮮度の証拠です。

ニラにかぎらず、野菜はヘタや茎をカットされて収穫されます。その切り口の状態を見ることで収穫からどのくらい時間が経っているのかチェックすることができます。

ニラは切り口が、淡い緑色でみずみずしいものを選ぶと良いですよ。

根本を持っても曲がらない

ニラは変色のないモノを選ぶ

鮮度の良いニラはハリがあり根本から持ってもほとんど曲がりませんが、時間が経過するとふにゃふにゃしてきます。

葉先までハリがあり、ピンとしているニラは鮮度抜群といってもいいでしょう。

みなさんも買い物をするときは色、葉先、葉の幅をチェックしてニラを買うといいですよ。

まとめ

今回はおいしいニラの選び方について解説しました。

どうせ買うならおいしいニラを選びたいですよね。

他にもキャベツに関して色々記事を書いているのでそちらもチェックお願いします。

当サイトtetsublogでは様々な野菜の選び方や保存方法などを紹介しています。

トップページをブックマークして買い物前に読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、tetsublog運営者のてつやです。
●八百屋歴10年目
●Twitterフォロワー500,000人突破

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次