当サイトのブログテーマが気になる方はここをクリック

【野菜のプロが教える】きゅうりのアク抜きの方法

悩むうさぎ

きゅうりのアク抜きの方法が知りたい。

こんな疑問がある方に向けて、きゅうりのアク抜きの方法について書きました。

本記事の信頼性

  • 実際の体験を元に記事を執筆
  • 記事中の画像は全て検証した際のものを使用
  • スーパーの青果部で勤務(詳しいプロフィールは下記)
Twitterアカウントはこちら
目次

きゅうりのアク抜きは必要なのか

「きゅうりのアク抜きは絶対するべき」というわけではありません。

ただ、きゅうりをアク抜きすることによって独特の渋みが減り、よりクリアな味になるので我が家は毎回やっています。

きゅうりのアクとは

きゅうりには「ギ酸(蟻酸)」と呼ばれる苦味成分が入っており、これが苦味や渋みの原因。

きゅうりの皮のすぐ下にある、水や養分が流れる管の液に蟻酸が含まれています。

このきゅうりに含まれる蟻酸は簡単に抜くことができるんです。

きゅうりのアク抜きを教えた結果

Twitterでフォロワーさんにきゅうりのアク抜きの方法を教えた際のコメント。

子供がキュウリ嫌いにならないように毎回やってた 本当にえぐみが無くなる

小学校の初めての調理実習ではきざんで塩で揉んじゃうからアクなんて気にしなくて良いのと言われたけど母も父も きゅうりのアクは取った方がおいしいと言ってました。サポニンは苦いからね。

味が全く違うので、半信半疑な方はこれから紹介するきゅうりのアク抜きの方法をぜひ一度試してみてください。

きゅうりのアク抜きの方法

きゅうりの味をワンランクアップさせる方法

①へたを落とす

②切口を20秒こする

③白い液体(アク)がでてくるので流す

アク抜きしたきゅうりは一味違います

エグミが全くなくなり、調味料のなじみもよくなりますよ。

お試しあれ。

きゅうりのへたを落とす

きゅうりのヘタをカット

まずはきゅうりのヘタを落としましょう。

悩むうさぎ

食べられるので切りすぎるともったいないよ。

きゅうりの切口を20秒こする

きゅうりのヘタと本体を擦る

次に、切り落としたヘタと本体の切り口をくっつけて20秒くらい擦ります。

気になる方は、20秒にこだわらずもっと擦っても大丈夫ですよ。

小さいお子様でもできますよ。お手伝いをしてもらうといいかも。

白い液体(アク)がでてくるので流す

きゅうりの白い液体が出てくる

擦っていると白い液体がでてきます。

この白い液体がきゅうりの苦味成分の蟻酸です。

てつ

しっかり洗い流してからきゅうりを調理していきましょう。

【野菜のプロが教える】きゅうりのアク抜きの方法

今回はきゅうりのアク抜きの方法を解説しました。

『こんなのでアクが抜けるの?』とか『そもそもきゅうりから渋みや苦味を感じたことがない』という方もいると思います。

そんな方も一度だけでもいいのでやってみてください。

我が家は一度やってみて違いを実感したので、きゅうりのアク抜きは必須になりました。

この記事が皆さんの生活の参考になれば嬉しいです。

他にも下のような記事を書いています。

>>【ごっそり】ブロッコリーのカサに潜む虫や汚れを除去する方法

>>レタスの鮮度を保つ保存方法と選び方【現役スーパー店員が徹底解説】

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、このtetsublog運営者のてつやです。
●Twitterフォロワー数29,000人
●本業は食品スーパーの社員

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる