出版情報「野菜売り場の歩き方」おかげさまで25,000部突破!ありがとうございます。気になる方はこのバーをクリックしてチェック!

まずいじゃがいもを避ける選び方や農家直送で取り寄せる方法【八百屋が伝授】

じゃがいも

「新鮮でおいしいじゃがいもを見分けられるようになりたい。選び方のポイントが知りたい。」

今回はこんな要望に答えていきます。

この記事で学べること

  • まずいじゃがいもを避ける方法が分かる
  • 八百屋の目利きのポイントを学んでいける
  • 一流農家から直接じゃがいもを取り寄せる方法が分かる
青髪のテツ

八百屋10年目の青髪のテツです。野菜の本を出版してます。

目次

おいしいジャガイモの選び方

おいしいじゃがいもの選び方

新鮮でおいしいジャガイモは、5個のポイントで見分けましょう。

  • ずっしり重い
  • しっかり硬い
  • 大きすぎない
  • 芽がでていない
  • 緑色のモノは避ける

それぞれ簡単に説明していきます。

おいしいじゃがいもを選ぶなら、重くて丸くて固いものを買いましょう。

重いものはしっかり水分を含んでおりみずみずしくておいしいんです。逆に軽いものは水分が抜けてしまっている可能性が高いので避けましょう。

じゃがいもを選ぶときはずっしり重いものを買おう

メークインは多少大きくても問題ないですが、男爵芋の場合大きすぎるものは中が空洞化し黒く変色したり、水っぽくなっている可能性が高いので避けましょう。

また私が仕事でじゃがいもの鮮度チェックをするときは、色と芽の状態を重点的に見ます。

じゃがいもの選び方

芽が出ているものは栄養が芽にとられており食味が落ちます。ただ、一番おいしいのは芽が出る直前でデンプンが糖に変わり始めており甘くておいしいんです。

変色しているじゃがいもは皆さん避けていると思いますが、特に濃い緑色になっているじゃがいもには気をつけましょう。

じゃがいもの緑色はソラニンという有毒物質で、食べるとめまいや頭痛、腹痛になり、摂取量が多いと命を落とす危険もあるといわれています。

青髪のテツ

緑色になったじゃがいもは絶対に食べないでください。

みなさんもじゃがいもを選ぶときは重さ、形、固さ、色、芽の状態をチェックして買うといいですよ。

じゃがいもは用途によって選ぶ品種が変わる

じゃがいもは、料理に合わせて選ぶ品種を変えましょう。

男爵いもは煮崩れしやすいのでポテトサラダやコロッケに向きます。

男爵いも
男爵いも

メークインは男爵いもに比べて細長い見た目が特徴。ホッカイコガネは煮崩れしにくいので、具材の形を残したいカレーやシチュー、肉じゃがに向きます。

メークイン
メークイン

他にもじゃがいもは様々な品種がありますが、煮崩れしやすいかどうか店員に確認して購入するといいですよ。

農家直送のじゃがいもを取り寄せる方法

最高のじゃがいもを食べてみたいという方は、農家直送品を取り寄せしてみることをおすすめします。

ECサイトに登録している農家さんはこだわった栽培をしている一流の方ばかりなので、新鮮で味が良いじゃがいもに出会える可能性が高いんです。気になる方はチェックしてみてくださいね。

おいしいじゃがいもの選び方【まとめ】

じゃがいも

今回は鮮度が良くおいしいじゃがいもの選び方について解説しました。

どうせ買うならおいしいじゃがいもを選びたいですよね。

じゃがいもの記事は他にも「じゃがいもを長持ちさせる保存方法」という記事も書いているので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

\ 青髪のテツの本 Amazonや書店で発売中 /

青髪のテツ書籍紹介

 

らでぃっしゅぼーやの野菜お試しセット

 

 

 

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

はじめまして、tetsublog運営者のてつやです。
●八百屋歴10年目
●Twitterフォロワー500,000人突破

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次