【八百屋が教える】おいしいナスの選び方

ナスの選び方
悩むうさぎ

おいしいナスが食べたい、でも選び方がわからない。

今回はこんなナスの選び方について悩んでいる方の疑問に答えていきます。

ナスは炒めもの、中華料理など油との相性がいい野菜ですよね。また煮浸しや焼きナスなどもおいしいですよね。

またナスは90%が水分なので他の野菜に比べ栄養抜群とまでは言えないですが、下記の栄養を含みます。

  • ポリフェノール(ナスニン)
  • クロロゲン酸
  • 葉酸
  • カリウム
  • 食物繊維

これらの栄養素から、抗酸化作用が高まり動脈硬化などの予防をしたり、食物繊維による便秘解消、カリウムによるむくみ予防、葉酸による貧血予防などの効果が期待できます。

家庭で使用する頻度も多い野菜なので、おいしいナスの選び方を覚えておけば一生使える知識になりますよ。

今回は八百屋で10年働く私がおいしいナスの選び方を紹介していきます。

目次

ナスの選び方

おいしいナスの選び方

おいしいナスは5個のポイントで見分けよう。

  • 濃い紫色
  • ずっしり重い
  • ガクのトゲが鋭い
  • 表面にキズがない
  • ヘタに対して実が大きくふっくらしている

ナスにはガクにトゲがあり、このトゲがしっかり立っているモノほど新鮮です。またガクが実にしっかりとくっついて反り返っていないモノも鮮度がいいんです。

※品種によってはトゲはありません。

ナスはトゲが立っているモノを選ぶ
てつ

品出しをしているときに何回かトゲが手に刺さったことがあるんですが、刺さるとかなり痛いので触るときは注意して下さい。

果皮の色は濃い紫色で形がふっくらしていてキズが無いものは味がいいですよ。

ナスは水分が多い野菜なので、軽いものは実がスカスカして美味しくありません。持ってみてずっしりと重みを感じるものを選びましょう。

ナスは重いものを選ぶ

また私がお店でナスの鮮度チェックをする時は、ガク付近を重点的にチェックします。

茄子のヘタはカビが生えやすく、ガク付近の実は腐りやすいんです。腐っているときは実がオレンジ色に変色します。

ナスを選ぶときはガク付近をチェック

鮮度が良いモノはガクと実の間が白〜紫にグラデーションしています。

また皮がしおれているものは、収穫後、時間が経っているので買わないようにしましょう。

【八百屋が教える】おいしいナスの選び方

ナスの選び方

今回はおいしいナスの選び方を解説しました。

どうせ買うならおいしい野菜を選びたいですよね。

八百屋10年目の私が運営するtetsublogでは様々な野菜の選び方や保存方法などを紹介しています。

トップページをブックマークして買い物前に読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、このtetsublog運営者のてつやです。
●本業は八百屋
●Twitterフォロワー250,000人

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる