当サイトのブログテーマが気になる方はここをクリック

【LiSA】鬼滅の刃主題歌の紅蓮華の読み方・意味・由来について

蓮華
悩むうさぎ

紅蓮華ってどうやって読むの?

紅蓮華は「ぐれんげ」と読むんだよ。

最初この紅蓮華という曲名を見たときに「ぐれんか」や「ぐれんばな」と読んでしまった人は多いのではないでしょうか。

実は私も最初「ぐれんか」と読んでしまいました。

今回の記事は下の3つの項目について答えていきます。

  • 華は「げ」と読むのか
  • 紅蓮華と曲名がついた理由
  • 紅の蓮華と鬼滅の刃の関連性とは
目次

紅蓮華の華は「げ」と読むのか

紅蓮華に使われている漢字である、華は「か」「くわ」「け」「はな」と読みます。

蓮の花である蓮華(れんげ)として読まれるときに華は「げ」と読まれるようです。

レンコンの花として有名な蓮華ですが、なぜLiSAの曲名に使用されたのでしょうか。

紅蓮華と曲名がついた理由

LiSAさんは紅蓮華(ぐれんげ)について下のようにツイートしています。

紅蓮地獄とは、八寒地獄の一つでそこに落ちると寒さで皮膚が破れて真っ赤になるという地獄のこと。

LiSAさんが、30代になりどう生きていくか迷いメンタルがズタボロだったときに、書かれた歌詞と言われています。

その際女優の天海祐希さんから届いたメッセージにLiSAさんは感動したようで、その体験が歌詞冒頭部分に大きく影響しています。wikipediaより引用

鬼滅の刃と紅蓮華の関連性とは

鬼滅の刃の世界では、誰もが鬼になる可能性がある。

その絶望感や悲壮感を紅蓮地獄と例え、その地獄の中でも「強く咲き誇れ」という想いをこめて紅蓮華というタイトルになったと考えられます。文化放送LiSAインタビュー記事から考察

主人公である、炭治郎たちは守りたいもののために、弱さを強さに変えて戦っていく守りたいものがあるということはすごく強いことなんだなということを歌詞で表現しているようです。

【まとめ】鬼滅の刃主題歌の紅蓮華の読み方や由来について

鬼滅の刃主題歌の紅蓮華の読み方は「ぐれんげ」です。

由来は、鬼滅の刃のストーリーから漂う絶望感や悲壮感からきており、「凍える寒さで皮膚が裂けてしまう紅蓮地獄」と「その地獄の中でも強く咲き誇れ」という想いからタイトルがつけられています。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

はじめまして、このtetsublog運営者のてつやです。
●副業ブログ歴2ヶ月目
●ブログ収益月4桁
●Twitterフォロワー数2,400人
●本業は食品スーパーの社員

よろしくお願いします。

コメント

コメントする

目次
閉じる